メイン | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

ありがとうを添えて


ご存知の方も多いが
私は、ワンダフルに来て下さっているみんなと同じように
「専業主婦の一飼い主」として躾教室に通うようになり、
そして、この道に入ったdog

ダイクが2歳の時、訓練所に見学に行き・・・
そこで訓練をしていた犬を見て
「ダイクもこんな犬にしたいsign01
「ダイクとこんな風に楽しみたいsign01
「ダイクとこんな風になりたいsign01」と
衝撃を覚えたのを今でも鮮明に思い出すlovely

初めは週に1度通い
「今日教えてもらったことは絶対来週にはできるようにangry」と、毎日ダイクと練習に励んでいた。

先生は全然褒めてくれなかったけど
お利巧になっていくダイクがとても嬉しかったsmileheart

いつも「もっとsign01もっとsign01」と思っていたangry

でも、何をしたらいいのか、何が足らないのか、
わからない・・・shock
唯一私にできることは、
先生の言葉を逃さないことだったangry

先生の声がする所には、いつも耳をダンボにしていた。

上手な人に話すアドバイス、
初心者に話すアドバイス・・・
一つも逃すまいと
そっと近寄り、邪魔にならないよう後ろから
かたっぽほとんど聞こえない耳をダンボにし聞いていた

わからないことは、すぐに聞いた。
聞いても理解できないことの方が多かったがshock

でも、私は、何の取り柄もないごく普通の人間なので
上手になるためには、
自分の犬をお利巧にするためには
人の何倍も努力しないといけないと思い、
とにかく先生の話を聞いて一生懸命やろうと思ったangry

ほとんど全ての時間を、
犬たちの訓練、そして、
ダイクとたくみに使った・・・smilesweat01

たくさんの時間をかけ、たくさんの失敗もし・・・。
がんばってがんばって得たものは、いっぱいある。

でも、名声や称号や・・・
オビやアジやダンスの競技会で1位になることが
大切なことじゃない・・・と今ではわかる。

ダイクとたくみとの
「一等賞の絆」smile

それこそが私の宝smileheart

そして、それは、犬たちが・・・
ダイクとたくみが努力してくれた結果だとheart

そんないろんな事を、惜しみなく教えてくれた先生を
私は今でも世界一尊敬し、感謝しているsmileheart

今、私は、
ありがたいことに忙しい毎日を送り
なかなか新しい勉強をする事はできない。
でも、先生から教わった事に味付けをし、
そして、通ってきてくれるみんなに近い「一飼い主」としての感性と少しの技術で、アドバイスをさせてもらっている。

あの頃の私のように・・・
もっともっとみんなが話を聞いてくれるように
私ももっともっとがんばらなければ〜〜〜〜shock


犬も同じbearing
「聞いてくれるdash見てくれるdash」事からしか、始まらん。。。。smilesweat01







2008年4月17日 (木)

ありがとうを添えて


たくみとのこは、血が繋がっているとはいえ
見た目も性格も似ていないsmilesweat01

♂♀の違いはあるだろうけど
それにしても、
のこは気が弱く、おもちゃもいつも取られっぱなし、
果敢に挑んでみてもいつも、負け犬で「キャンsweat01」・・・shock・・そして人懐っこいsmilesweat01

箱入り娘の甘えん坊に育ててるせいもあるか・・・shock

おうちでは、私にカプカプ、だけど、
叱ると怖い私に近づけない・・・shocksweat01
そして「のこを虐めたら怒るよangry」と言われてるモーdog
のこのされるがままcoldsweats02

子犬の頃から、人や犬に挑み、負けるとわかっている相手にも
血を流しながらも引くことのなかったたくみshock
偉かったのは、叱っても、決して逃げることなく、素直に「ごめんなさいshock」が言えたsmile

全然・・・違うangrysweat01

でも、
8ヶ月を迎えようとするのこの
ちょっとした表情や、行動がたくみに似ていて
時々ハッsign01とするsign01

特に・・・
病院嫌いのとこsmileアジっている犬をみて狂ったように吠えるとこsmile
ETC・・・。

今いろいろ訓練中・・・
まだフニャフニャだけど、まぁ、骨はありそうsmile

ダイクがダイクらしくsmileheart
たくみがたくみらしく育ったように・・・smileheart
そしてモーがモーらしく育っているようにsmileheart
のこはのこらしく・・・
のこの長所を伸ばして育てていきたいsmileheart





2008年4月11日 (金)

ありがとうを添えて

レッスン場をオープンしてすぐに
通うようになったダックスのシンバdog
忙しい時間の中、週に2,3回、
お母さんは子犬のシンバと楽しくがんばってくれていたschool

まもなく・・・足が遠のいた。。。foot

風の便りで・・・遠のいている訳を知ったsad

今日、1年ぶりに来てくれたheart
「ちょうど、1年です。乗り越えるのに、1年かかりました」と・・・・。

シンバの母犬、チャーリーを5歳の若さで、そして、
病気が発覚して1週間で・・・亡くしてしまったシンバ母sad

辛かったでしょう。。。
哀しいね。。。

でも、
よく来てくれましたねsmile

二人で涙を浮かべながら、言葉にならない会話smilesweat01

そして、帰り際
「これから、一緒に乗り越えていきましょうsmile
と見送りましたsmile

来てくれて、本当にありがとう

シンバ、そして、弟に迎えられたルイsmile
チャーリーの分も時間の許す限り一緒にがんばりましょうね♪シンバ母smileheart





2008年4月10日 (木)

ありがとうを添えて



道路に面したレッスン場の壁house
等身大のダイクのオブジェdog

お気に入りの写真に光を当て材木に写しmemo
丁寧に手作りしてくれたsmile
もちろんダイクが大好きだった骨も



休憩室の中にはhouse
等身大のたくみの写真dog

お気に入りの写真を引き伸ばし
一つ一つつなぎ合わせてくれたsmile

二匹を想う・・・お父さんの愛ですsmileheart

お陰で、私は今でも・・・
いつもあなた達と一緒にいられますsmile

2008年4月 4日 (金)

ありがとうを添えて

  家族になった日

ダイク 1994年8月13日 (5月28日生)

  たくみ 1998年7月2日 (5月12日生)
     
そして
  のこ  2007年10月2日 (8月19日生)

ダイク、たくみ・・・”いも〜と”だよ〜smile



そして・・・
2005年3月から、年半分家族の

もーちゃんsmile

2008年4月 1日 (火)

ありがとうを添えて



たくさんのありがとうを伝えたいのに
心に浮かぶのは「ごめんね」ばかり・・・。

一点の後悔もない共に生きた二匹との時間。

いつか
また
逢えたとき
二匹を抱きしめて
たくさんの”ありがとね”を伝えたい。

ダイクとたくみに捧ぐ
”ありがとうを添えて”

不定期更新。。。smile
今日はここまでsadbeer